監督のつぶやき?ぼやき!
第295話/ 2018.2.20

 やっと少しずつ気温が上がってきました。今年は寒く、ボールを投げることが遅れています。日曜日、初めてピッチャーのボールを少し打つことが出来ましたが、中々つかまえるのが難しそうでした。まあそんなに慌てなくても冬の間バットはたくさん振ってきたので、確実にスイングの力はついています。3月に入り試合を重ねていけば、だんだんタイミングはとれてくると思います。

 6年生が入部してきたり、体験に来たりしている中で、1年生と比べると明らかに力が違います。1年間の成長がはっきりとうかがえ、練習はウソをつかないことが分かります。3年生の進路もほぼ決まり、あと1カ月硬式のバットを振り込んで、恥ずかしくないスイングにして送り出したいと思っています。

 兵庫に月~金通い、土・日こちらで段原クラブの練習という生活にもだいぶ慣れてきました。初めてのチーム・子ども達なのでまだまだ不安はたくさんありますが、これはシーズンに入ってから解消していくしかないと思います。

 2/16(金)、17(土)の2日間、沖縄にプロ野球のキャンプをまわり挨拶をしてきました。懐かしい人達と会い、現役のプロ野球選手の練習を久しぶりに見て野球の目を覚ますことができ、今一度、何が正しいのか確認しました。プロ野球選手は大きな身体をしています。そして正しい技術を持っています。中学生はすぐに身体の大きさで追いつくことは出来ませんが、正しい技術と考え方は身に付けることは出来ます。

 兵庫ブルーサンダーズのシニアディレクターの加藤秀司さんからも日々バッティングの技術を学びながら、正しいことを子ども達に伝えていきたいと思います。確かに身体は疲れますが、1日中野球の出来る幸せを感じています。ちなみに加藤さんはプロ野球で2000本以上ヒットを打っているレジェンドです。



バックナンバーはこちらです。

広島フルスイング塾 


当クラブの屋内練習場として契約しています